小学校プログラミング教育がもう始まっています

工学博士で起業家でSF小説作家の米村貴裕先生(大学非常勤講師でもあります)の最新のプログラミング本は小学生向けの楽しくSmall Basicが基礎から学べる本です。次の学習指導要領(2020年実施)では小学校にプログラミング教育が導入されます。(必修化

でも学習指導要領を巡っては実はいくつかの誤解もあります。

一つ目は『プログラミング』という教科ができるという誤解です。そうではありません。だから教科書もありませんし、試験もありません。各教科の中あるいは総合的な学習の時間の中で学んでいくことになります。

二つ目はプログラミング教育はプログラミング言語の習得をすることを目的としているという誤解です。そうではありません。だからプログラマーの育成が目的ではなく「プログラミング的思考」を身に付けるためであるとされているのです。

そして三つめはみんなが全員でタブレットやパソコンを使って学習するという誤解です。これは多分に学校の施設の予算的制限が影響していると思われますが、一人一台の環境が与えられるわけではないのです。

でもよく読んでいくと家庭でプログラミングを学べる環境を作ってあげることはとても大切だということがわかります。もしご家庭にパソコンの環境があるならこの本が最適な本です。

とても分かりやすく、しかも楽しく学べるように工夫されています。

レゴのようにタブレットやPC上でブロックを組み立てていくSCRACH(スクラッチ)やVISCUIT(ビスケット)が注目されていますが、将来、本格的なプログラミングを修得したいと思ったら、このSmallBasicが最適です。

Small Basicはマイクロソフト社が無料で提供している学習用プログラミング言語です。インターネットから簡単にダウンロードできます。(無料)

米村さんのSF小説はコチラ↓

科学的な事実に基づく小説なので読んでいくうちに科学的な知識や考え方が身についていきます。

株式会社 シンクアップ

SMART広報の株式会社シンクアップはスモールビジネス・個人ビジネスを支援するサービスを提供しています。これからは個人が際立つ複業の時代です。自分をブランディングし、個立ちさせましょう!その軸が決まったら広報しましょう!!Twitter,Facebookなどのソーシャルメディアを使って依頼のあった情報の拡散をお手伝いしています。主にココナラでサービスを提供しています。

0コメント

  • 1000 / 1000